FX取引は取引量に比例して利益も増えます。

為替相場が1円動いたところで利益を確定したとしましょう。

1万通貨の取引なら利益は1万円ですが、
10万通貨なら10万円、100万通貨なら100万円の利益です!

 

しかし、手っ取り早く儲けたいからといって取引量を増やしてはいけません。

10%の取引量で、落ち着いてマーケットを見ることもたまには必要です。

 

ビギナーに限らず相場変動がはっきりしないときは、
普段行う取引の10%の取引量ならばもし損失が出たとしても許容できます。

しかし、それでも大事な自分の資金で取引をしているという緊張感があれば
真剣にマーケットを見るでしょう。

 

この真剣な姿勢が大切なのです。

取引量が小さいから、利益もそれほど大きくないでしょうが、
”こんなときはこう動く”と経験則が得られるわけです。

 

また同じような局面に遭遇したときに、イメージができているので
躊躇せずに取引することができるかもしれません。

このように、静かにそして真剣に相場を見る経験は
トレーダーにとって重要だ
ということを肝に銘じてください。

 

張るも相場、見るも相場。

相場は明日もあるのですから。

コメントを残す

トラックバックURL

ページ上部に