カナダの指標は、結構良い狙い目です。
日本のトレーダーに人気がある通貨ペアは、ドル/円やユーロ/円です。
でも、これからはカナダドルがらみをお勧めします。

 

カナダは石油の原産国つまり資源国なので、
カナダの指標発表は原油相場にも影響があります。

つまり、カナダの指標発表による原油相場への影響が大きいとき、
その反動で、カナダドル相場も大きく動くことがあります。

カナダドルは、度々短時間で大きく変動する通貨ということです。
カナダの指標の発表を待って、相場の大きな動きを見つけたらすぐにトレードスタートです。

その時、トレーダーが迷っていたらチャンスは逃げていくでしょう。

 

カナダドル関連の通貨ペアの代表は、カナダドル/日本円とカナダ/米ドルです。

カナダでは、高金利政策が続いているので
カナダドル/日本円を買って持っていれば、スワップがもらえます。

 

一方、カナダドル/日本円の、ウィークポイントは、スプレッドが広く
普段は相場変動が小さいところです。
だから、指標発表時以外でトレードするには不向きです。

ですからカナダの指標発表時だけ大きな動きを狙って、
短時間で利益を上げるのが向いている通貨ペアということなのです。

 

カナダの指標発表日も経済指標の一覧でチェックしましょう!

コメントを残す

トラックバックURL

ページ上部に