FXトレーダーは、毎月第1金曜日のNY時間AM8:30には、
必ずパソコンの前でチャートを確認!!

日本時間では、米国のサマータイムPM9:30、ウインタータイムではPM10:30です。

 

米国の雇用統計が発表されると、株価や為替相場が大きく変動します。

米国は、今も世界経済の中心である大国です。
だから米国の雇用統計は、景気状況を表す最も分かりやすく信頼性のある指標なのです。

 

雇用統計の結果が上向きならば米国の景気も上向きとなり米ドルは上昇します。
結果が下向きならば、その逆で米ドルは下落します。

しかし、雇用統計の直後に米ドル相場が数秒間、逆の方向に動くことがあります。
米ドルが一時的に上がった後で下がったりするのです。

 

こんな時は、急いで取引をすると損失が出てしまうかもしれませんが、
上手くタイミングを見極めれば、短時間で大きな利益が得られます。

指標を大切にして、数分で利益を抜けるトレーダーになりましょう!

コメントを残す

トラックバックURL

ページ上部に