3連敗したら、その日のトレードは中止しましょう。

そもそもトレードにおいて、自分で方向性を決め、思った方向に走らないと言う事はかなり博打になっています。

裁量トレードであるならば特に、思った方向に相場が勝率にして8割以上走らないようではやっていて優位性がありません。

そして、3連敗するならば、何かが間違っています。

 

背景の読み間違い、セットアップの読み間違い、何かが違っているハズです。

 

FXでしっかりと儲けるためには、負けない事が大事であり、必ずこのルールがヒートアップを抑えるのに役に立ちます。

 

FXで成功しているトレーダーを見ていれば、いかに淡々と冷静にトレードをするかということが一番であるか考えざるを得ません。

 

ただし、負けるトレードをしているトレーダーはいません。

3連敗するような戦略は何かが間違っています。

 

そして、その結果、負けを取り戻そうとして、FXで熱くなってしまっては勝つことができません。

とはいっても、頭では冷静にしなくてはいけないことがわかっていても、実際にポジションを持っているとそうはいかないでしょう。

見ている間に、損失がみるみる膨らんでいくのを見ていれば、冷静になることはできないものです。

その結果、やはり我慢できず、少しでも負けを取り戻そうとして、ずるずると売買を繰り返しドツボに嵌る経験は、FXの初心者ならば、誰にでもあるのではないでしょうか。

 

結局、ポジションを全て閉じた後、後悔するのです。

そんな失敗をしないためにも、3連敗したらトレードをすぐに中止するといったような、マイルールを作っておくことが大切です。

 

ただし、具体的なルールでないと、ルールとして意味がありません。

熱くなっている時でも理解できる程単純なルールにしておくべきです。

 

それが3連敗で打ち止め。

これなら、一定レベルで損失を食いとめることができます。

まずは連敗した際のトレードを中止するテクニックについて、ラチェットを用意しておく必要があるでしょう。

 

それが相場で生き残ることに繋がります。

 

コメントを残す

トラックバックURL

ページ上部に